• 夕日と車
  • 半分スケッチ

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

借りた物は、いつかは返さなければならない日が来ます。レンタカーも、借りたからには返さなければなりません。
「いや、返さない」というへそ曲がりもいるでしょうが、その場合は延滞金がどんどん溜まっていくだけです。レンタルビデオと同じ理屈なのです。

レンタカーを返すときの注意事項としては、ガソリンを満タンにしておくこと。これは守られなければならないことです。
もし、返却する道々ガソリンスタンドを見つけられなかったら、返却手続きをするときにガソリン代を支払うことも出来ます。

車には事故が付きもの……とまでは言うつもりはありませんが、少なくとも車に乗る人はいつでも、交通事故の可能性について考えておかなければならないでしょう。
自分一人で済めばまだしも、その瞬間までは自分の人生とは何の関わりもなかった人に被害をもたらしてしまうかもしれないのですから。

レンタカーを利用しているときでもそれは同じですが、少なくとも事故が起きた際の「保険」については、レンタカー会社の方でしっかりとしていますから、それほど心配する必要はありません。
人や物に当ててしまったとき、原則無制限での補償をつけているというところがほとんどなのです。
利用者がケガをした場合の補償をしてくれるところもあります。

それは自動的についてくる保険ですが、他に、任意で加入するかどうかを決めて良い保険に関する制度があります。
それが、免責補償の制度というものです。
事故が起きた際には保険会社が補償しますが、レンタカーの場合には「自己負担金」も存在します。5万円、多くて10万円といった金額ですが、事故の場合には支払わなければなりません。
しかし、これを免除してくれる制度があるのです。レンタカー会社にあらかじめ千円単位のお金を支払えば、万が一の事故の場合の負担額は実質ゼロになるのです。

レンタカーを利用したいと思っている人が、誰でもクレジットカードを持っているとは限りません。
クレジットカードを持つことは義務でも何でもないわけですから、カードを持たない人がレンタカーを利用したいと思っても、別に何の不思議もないわけです。

そういうわけで、レンタカー店の中には、「現金払い」を認めているところもあります。
その場合には、「本人確認書類」の提出が求められます。個人情報とともに、現住所が確認できる書類です。

レンタカーを利用するとき、必要な物は以下の2つです。
当日、運転する人の運転免許証。
契約する人のクレジットカード。

運転免許証が必要になる理由については、くだくだしく書く必要もないでしょう。そもそも免許がなければ車に乗ることは出来ませんし、免許がない人を車に乗せたとなるとレンタカー店の責任も追求されることになります。
事故が起きでもしたら目も当てられない事態になるのです。誰も幸せにはなれません。

クレジットカードが必要なのは、レンタカー店での支払いが、基本的には「カード払い」であるからです。
これには、クレジットカードがその持ち主の個人情報を含んだ物であることが関係しています。
車とは高価なものです。万が一、乗って行かれてそのまま帰ってこないということになったら……それもまた、目も当てられない事態なのです。
が、クレジットカードの情報さえ押さえておけば、身元はすぐに分かります。レンタカー店による盗難防止の一環が、クレジットカードの利用なのです。